国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

ひとことで「ドッグフード」といえど、多くの種類の商品が発売されていて何をどう選んで良いのか迷いますよね。

日本製が安心だから「国産」のものをと考える飼い主さんは多いですが、しかし安易に国産という響きだけで選んでしまうのは危険です。

この記事では、国産ドッグフードを選ぶ際のポイントや見抜くコツ、おすすめ商品などをまとめました。

 

国産ドッグフードとは

国産ドッグフードとは、日本国内で製造もしくは最後の加工を行われたドッグフードのことを指します。

日本では自国で作られている安心感があるためか、食べ物、電化製品化粧品などはなにかと「国産」が好まれます。しかし、ドッグフードに関しては国産よりも外国産のほうが安全基準が高いため根強い人気があります。

たしかに以前の国産ドッグフードはコストを下げるために粗悪な原材料の使用や、かさ増し目的の穀物や嗜好性を上げるための人工添加物の多用など、おすすめできるものではありませんでした。

ただ、近年のペットブームの影響で日本国内でも「質の高い食事」への関心が高まったことで、高品質の国産ドッグフードが多く販売されるようになりました。ただ、「原産国=日本」と記載があったとしても、日本で製造されているとは限らないので注意が必要です。ドッグフードの法律では、最後の加工を行った国を原産国と表記できるため、最後の加工のみを日本で行い、その他は海外で製造しているケースも多いからです。

「国産だから安心」という訳ではなく、その「中味」で選ぶことが大切なのです。

 

国産ドッグフードのメリット・デメリット

 

この項目では、国産ドッグフードのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

国産ドッグフードは製造から手元に届くまでの時間が短いため、新鮮なドッグフードを手にすることができる点がメリットの一つに挙げられます。

外国産ドッグフードはどうしても輸送に時間がかかってしまうため、輸送時の温度管理次第では品質の劣化や腐敗の心配があります。

 

デメリット

日本でも愛犬の健康への関心が高まってきているとはいえ、ペット先進国であるイギリスやドイツ、カナダなどに比べるとまだまだ意識は低く、安全基準も低いままです。

そのため副産物や不要な添加物を使用しているドッグフードもいまだに多く存在し、原材料の安全性に不安があることは否めません。「かさ増し」を目的に、犬が苦手とする穀物を使用する商品も多くあります。

 

国産ドッグフードを選ぶポイント

 

国産ドッグフードを選ぶポイント

  • 主原材料に肉類を使用しているか
  • 原材料に安全な食材が使われているか
  • 危険な人工添加物が使われていないか
  • 穀物不使用(グレインフリー)か
  • 価格よりも原材料で選ぶ

本当に良質なドッグフードを見極めるための、ポイントを紹介します。

 

主原材料に肉類を使用しているか

ドッグフードを選ぶうえで、主原材料が良質な動物性タンパク質源となる肉や魚であることは重要なポイントの一つです。なぜなら、犬の生育に必要な筋肉や骨、血、皮膚、被毛などを形成するもととなる「タンパク質」は、犬にとって最も大切な栄養素だからです。

タンパク質には肉や魚、卵などから摂取できる「動物性タンパク質」と、穀類や豆類、野菜などから摂取できる「植物性タンパク質」がありますが、本来肉食動物である犬の体に適しているのは動物性タンパク質です。

動物性タンパク質には体内で生成することができない必須アミノ酸(9種類)がバランス良く含まれているだけでなく、消化吸収にも優れています。そのため、動物性タンパク質を効率良く摂取できる肉や魚などがふんだんに使われているドッグフードを選ぶことが好ましいのです。

 

原材料に安全な食材が使われているか

日本のドッグフードへの安全基準は、ペット先進国に比べるとまだまだ低いと言わざるをえません。

ペット先進国では、ドッグフードにも人間用食材と同等の原材料を使用することが基本となっているのに対し、国産のドッグフードにはコストを下げるために低品質な原材料を使用している製品も多く販売されているからです。

しかし低品質の食材の使用を大々的に書いている商品はまずありません。愛犬の健康を守るためには、良質な原材料が使用されているかを見極めることが大切なのです。

良質な原材料が使用されている場合には、使用している肉の種類や部位などが細かく書かれていることが多いです。逆に粗悪な原材料を使用している場合には「〇〇ミール」や「〇〇パウダー」など原材料があいまいに記載されている傾向が見られます。

4Dミートと呼ばれる「Dead(死亡した)」「Dying(死亡しかけ)」「Diseased(病気)」「Disabled(負傷、障害)」など、本来ならば廃棄処分される状態の肉や肉以外の部位(羽や骨、内臓、歯、トサカ、糞など)が使用されている可能性が高いため、避けるようにしてください。

 

危険な原材料

危険な原材料

  • 〇〇ミール
  • 〇〇エキス
  • 〇〇パウダー
  • 〇〇副産物
  • バイプロダクツ
  • 肉粉
  • 肉骨粉
  • ボーンミール
  • 動物性油脂
  • シュマルツ
  • 動物性脂肪
  • タンパク加水分解物
  • ビートパルプ など

〇〇ミールや〇〇パウダーの他にも、愛犬の体に害を及ぼす可能性のある危険な原材料が存在します。

上記のような原材料が記載されている場合は危険度が高い※と判断できるので、選ばないことをおすすめします。

※1 ただし、良質な副産物であることが明記されている場合は例外

 

危険な人工添加物が使われていないか

「酸化防止剤」「着色料・発色剤」「着香料」などの添加物は、国産・外国産を問わず利便性のために使用されていることが多いです。

しかし、ドッグフードには人間が口にする食品に定められているような厳しい使用基準がないため、人間用の食材では使用が禁止されている発ガン性が認めらる添加物が使われていることも多いです。化学合成物質は少量であれば便とともに排出されますが、摂取し続けると体内に蓄積され病気やアレルギーを引き起こす原因となる恐れもあります。

ドッグフードを長持ちさせるためには酸化防止剤や保存料の使用が不可欠ですが、不要な添加物の使用はないにこしたことはありません。天然由来の成分を使用しているドッグフードを選ぶようにしてくださいね。

 

ドッグフードに含まれていることの多い危険な添加物

危険な添加物(一例)
酸化防止剤エトキシキン、BHA、BHT
着色料・発色剤亜硝酸ナトリウム(亜硝酸塩、亜硝酸ソーダ)、赤色2,3,4,40,102,105号、青色1,2,102号、黄色6号
甘味料ソルビトール、キシリトール、グリシリジン、アンモニエート、コーンシロップ、ビートパルプ
その他の合成添加物ソルビン酸カリウム、プロピレングリコール

合成酸化防止剤はドッグフードを長持ちさせるために用いられますが、愛犬の体に悪影響を与える恐れがあります。

中でも、ガソリンの酸化防止に用いられ人間用の食材への使用が規制されている「BHA」や、石油の抗酸化剤として使用され発ガン性が認められている「BHT」、ゴムの固定剤として開発され強力な除草剤や駆除材に使用されている劇薬の「エトキシキン」は特に危険度が高いです。

合成着色料の中には石油由来のものも存在し、海外では使用が規制されているものもあります。しかし日本では使用規制がないため、着色料を使用したドッグフードが販売されています。

また嗜好性を高めるために用いられる着香料は、そもそも良質な原材料を使用していれば必要のないものです。粗悪な原材料をごまかすために使われている可能性があります。

このように添加物は愛犬の健康を害するリスクが高いため、使用の有無をしっかりと確認し不使用の製品を選ぶようにしてください。

 

穀物不使用(グレインフリー)か

穀物が粗悪とされる理由は、本来肉食動物である犬にとって植物性のタンパク質は消化しづらく、消化器を傷める可能性があるからです。また小麦に含まれるグルテンがアレルギーを引き起こす原因になりやすいことも理由の一つです。

穀物にアレルギーを持っている場合は別ですが、穀物が使用されているからといって粗悪な商品であるとは限りません。

穀物の中には食物繊維やミネラルを多く含み、アレルギー性の低い食材もあります。そのため、かさ増し目的ではなく、犬の健康を考えたうえで穀物を多少使用しているドッグフードであるならば、穀物アレルギーを持たない愛犬へ与える分には問題ないと言えます。

もちろん、穀物アレルギー発症経験や過去に穀物が使われているドッグフードで体調を崩したことのある愛犬へ与えること、コスト削減目的で穀物を使用していると判断できる商品は選ぶべきではありません。

 

価格よりも原材料の質で選ぶ

ドッグフードを「高い」「安い」という価格だけで選ぶことはおすすめできません。

高価=良質というイメージを持たれやすいですが、「高ければ良い」というものではないからです。価格ではなく「原材料の質」を自身の目でしっかりと確認することが愛犬の健康を守ることにつながります。

安易に他のドッグフードと混ぜて与えることも、栄養バランスが崩れるという観点から避けるべきです。

 

おすすめ国産ドッグフードランキング

本サイトでも評価が高く、おすすめできる人気国産ドッグフード3点を紹介します。

 

1.ナチュロル

商品名ナチュロル
主原材料新鮮牛生肉(北海道、兵庫県産)
気になる原材料不使用
酸化防止剤天然由来(ビタミンC)
気になる添加物不使用
穀物(グレイン)不使用
価格1.7kg(850g ×2):5,378円(税込)
※らくトク犬康コース利用
(2019年3月4日現在)

国産ドッグフードには珍しく、穀物が使用されていないグレインフリーかつ合成酸化防止剤や不要な添加物も不使用で、自然の素材にこだわった健康志向のドッグフードです。

主原材料の牛肉の他にも、鶏肉や魚肉などの動物性タンパク質源がふんだんに使用されています。またサプリメントと同等の高濃度のビタミンCが配合されている点が特徴です。

 

2.プリモ

商品名プリモ
主原材料生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、レバー肉、魚肉、豚肉)
気になる原材料不使用
酸化防止剤不使用
気になる添加物不使用
穀物(グレイン)玄米粉、押し麦、グレインソルガム、コーングルテン、オートミール
価格1kg:1,790円(税込)
(2019年3月4日現在)

原材料中50%に動物性タンパク質源となる生肉が使用された、本来の犬の食事スタイルに近いドッグフードです。

また無添加である点も高く評価できるポイントです。低温製法のため油の酸化が極力抑えられており、動物性タンパク質の栄養素が壊れることなく凝縮されています。

 

3.いぬはぐ

商品名いぬはぐ
主原材料鶏肉
気になる原材料不使用
酸化防止剤天然由来(ビタミンE)
気になる添加物不使用
穀物(グレイン)玄米、白米
価格1.5kg:5,378円(税込)
※トクトク便利用
(2019年3月4日現在)

主原材料には栄養価の高い鶏肉が使用されています。乳酸菌やオリゴ糖が腸内環境をいたわり、体内から愛犬の健康をサポートしてくれるドッグフードです。

愛犬の健康を第一に考えて作られていて、厳選された高品質な食材のみが採用され、合成酸化防止剤や不要な添加物など愛犬の体に悪影響を与えるものは使用されていません。

 

自身の目で確認することが最も大切

国産、外国産問わず、ドッグフードを選ぶ際には原材料の安全性や栄養バランス、添加物の有無などを自身の目でしっかりと確認し、納得したうえで購入することが大切です。

周りの評判や商品の謳い文句、価格だけで判断せずに「商品の質」を見極めてくださいね。

あわせて読みたい

ネルソンズドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月14日

アカナ コッブチキン&グリーンズの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月12日

オリジンレジオナルレッドの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月12日

リガロ ハイプロテイン ラムの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月13日

フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月18日

最近見たページ

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

あなたにおすすめ

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日

ドッグフード 工房・鶏肉の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日