アカナグラスランドドッグの安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、アカナグラスランドドッグの安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。アカナグラスランドドッグが気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

アカナグラスランドドッグの総合評価

総合得点評価の内訳
95
(★★★★・)
原材料:★★★★・
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

アカナグラスランドドッグは、ラム肉を中心に数種類の肉原材料を使用したタンパク質が豊富なドッグフードです

使われているのは、牧場育ちの羊肉、全卵、天然魚、放し飼いの鴨、七面鳥といった5種類の動物性タンパク質で、成分全体の約70%に含まれています。これは本来肉食の犬にとって、理想的な成分ランスといえます。

また、血糖値を急上昇させ、糖尿病や肥満につながる炭水化物を抑え、アレルギーを生じる可能性のある穀物を一切使用していない点も評価のポイントです。

唯一気になるのは「ミール」とつく原材料が数種類使われている点が挙げられます。

一般的にミールとは、動物の内臓系に加え毛・ひづめ・角・歯・糞などを粉状に精製し、かつ脂肪分を取り除いたものを指します。なかには病気や死んだ動物を使うドッグフードもあり、愛犬の健康を害してしまうこともあるので、注意が必要です。

 

アカナグラスランドドッグの基本情報

分類総合栄養食
メイン食材生ラム肉
カロリー381kcal/100g
穀物(グレイン)不使用
酸化防止剤不使用
気になる添加物不使用
対応年齢全犬種・全ライフステージ
内容量/価格340g/1,296円
2kg/3,758円〜
6kg/9,395円〜
11.4kg/13,800円〜
販売元アカナファミリージャパン
最安値Amazon

 

アカナグラスランドドッグの詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
草を与えられて育った生ラム肉(8%)、新鮮鴨肉(8%)、新鮮全卵(8%)、ラム肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(7%)、七面鳥ミール(7%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、新鮮天然ノーザンパイク(4%)、生ラムレバー(4%)、新鮮鴨内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、新鮮七面鳥肉(4%)、ラム脂肪(4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、日干しアルファルファ、タラ油(2%)、レンズ豆繊維、乾燥ラム軟骨(1%)、生ラムトライプ(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(ラムと鴨)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ、添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:ビタミンE:200IU,アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg,アミノ酸水和物銅キレート:10mg、畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム
酸化防止剤なし
保存料ビタミンE、ロースマリー
着色料なし
着香料なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

 

主要成分の分析値

成分名成分保証値乾燥重量比
粗タンパク質35%以上39.8%以上
粗脂質17%以上19.3%以上
粗灰分8.0%以下9.1%以下
粗繊維6.0%以下6.8%以下
水分12.0%以下

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

 

その他の成分の分析値

成分名成分保証値成分名成分保証値
カルシウム1.7%以上リン1.2%以上
オメガ6脂肪酸2.3%以上オメガ3脂肪酸1%以上
グルコサミン600mg/kg 以上コンドロイチン800mg/kg 以上
DHA0.2 %以上EPA0.2 %以上
ビタミン A10 KIU/kgビタミン D31,000 IU/kg
ビタミン E185 IU/kgビタミン B1 (チアミン)10mg/kg
ビタミン B2 (リボフラビン)9.15 mg/kgビタミン B3 (ナイアチン)74 mg/kg
ビタミン B5 (パントテン酸)13.5mg/kgビタミン B6 (ピリドキシン)7 mg/kg
ビタミン B120.10 mg/kg葉酸1.35mg/kg
コリン2,510 mg/kgナトリウム0.35 %
塩化物0.50 %カリウム0.75 %
マグネシウム0.10 %270 mg/kg
亜鉛190 mg/kgマンガン16 mg/kg
ヨウ素2.00mg/kgセレニウム0.80 mg/kg
リジン2.28%トレオニン1.33 %
メチオニン0.66 %イソロイシン1.30 %
ロイシン2.39 %バリン1.63 %
アルギニン2.29 %フェニルアラニン1.40 %
ヒスチジン0.74 %トリプトファン0.34 %
システイン0.33 %

アカナグラスランドドッグの分析結果①:原材料の安全性

分析の結果評価ポイント得点/配点
55点/60点
(★★★★・)
主原材料は肉類か?20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
35点/40点

アカナグラスランドドッグの原材料は、60点満点中55点

大きな特徴は羊肉、全卵、天然魚、放し飼いの鴨、七面鳥など5種類の肉、臓器、軟骨がたっぷり使用され、成分の約70%に動物性タンパク質が含まれていることです

また、犬がアレルギーを起こしやすいといわれる穀物が一切使用されていない点も安心できるポイントといえます。

しかしながら、気になるのは「ミール」とつく原材料が数種類使われている点。

ミールは、本来捨てられる動物の部位が混入していることがあり、健康を損なう可能性もあるといわれています。

アカナの公式サイトでは「すべて人間用食材として認定を受け、新鮮な状態(無冷凍・保存料不使用)で搬送されてくる原材料を使用」としていますが、気になる方は避けたほうが好ましいでしょう。

主原材料:ラム肉

高タンパク、低コレステロール、アミノ酸バランスに優れています。オメガ3脂肪酸や鉄分、ビタミンB群、カルニチンを含み、ダイエット中やシニア期の犬にもおすすめです。ただしアレルギーを起こす可能性もありますので、注意してください。

鴨肉

脂肪分が少なく、タンパク質含有量が多いのが特徴です。鉄分やビタミンB群、ビタミンK、葉酸が豊富に含まれています。

気になる原材料:ミール(ラム肉ミール丸ごとニシンミール七面鳥ミール

動物や魚の内臓系に加え、毛・ひづめ・角・歯・糞などを粉状に精製し、かつ脂肪分を取り除いたものです。本来捨てる部位が含まれているため、まれに健康を損なう恐れがあり注意が必要です。

 

アカナグラスランドドッグの分析結果②:成分バランス

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
粗タンパク質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

アカナグラスランドドッグは粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリア。成分バランスは理想的なドッグフードです。

数種類の肉がたっぷり使われており、そのうちの1/2は新鮮肉または生肉、1/2は乾燥肉と、一粒に栄養分や味を損なうことなく閉じ込められています。

また、炭水化物が極力抑えられているのも評価のポイントです。

炭水化物は、血糖値の急上昇を引き起こしやすく、結果的に肥満や糖尿病、高脂血症、脳卒中、心筋梗塞などの心臓トラブルといった、命にかかわる重大な病気に発展する可能性があります。

成分バランスの面では、子犬からシニア犬まで、生涯を通して安心して与えられるドッグフードといえるでしょう。

 

アカナグラスランドドッグの分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

アカナグラスランドドッグは、合成酸化防止剤や保存料は無添加のドッグフードです。

保存のために使用されているのは、ビタミンEとロースマリーといった天然の成分になります。天然のものは合成の保存剤よりも、保存期間が短くなりますので、早めに使い切るようにしてくださいね。

 

アカナグラスランドドッグの口コミや評判

グラスランドドッグに変えてから、お腹の調子も安定してきました。喜んで食べてくれるのが何よりです。

外耳炎を繰り返し、かかりつけの獣医師にアカナをすすめられました。耳の状態はとてもよくなりました。しばらくグラスランドを続けてみようと思います。

チキンアレルギーで、チキン入りフードを与えると、食後皮膚を痒がっていたのですが、このアカナ・グラスランドに変えたら、明らかに食後皮膚を痒がらなくなり、本当に助かりました

他のフードに比べるとやはり量を少し少なめにしないと体重が増えてしまうかもしれません。

口コミを見てみると、「体や皮膚の調子がよくなった」「良い便になった」という声が多くみられました。

主原料となっている肉類には、ラム肉や鴨肉、七面鳥肉が使用されているため鶏肉や牛肉にアレルギーがある犬でも食べれるように作られています。

動物性タンパク質やオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていることにより、本来肉食である犬の食事スタイルを実現でき、食いつきのよさや便や皮膚、毛ヅヤがよくなったと実感できるようです。

また、栄養を豊富に含むため、1日あたりの供給量が他のフードより少なく設定されています。「与える量が少ない」と感じる飼い主さんも多いようですが、与えすぎると体重管理が難しくなります。様子を見ながら愛犬に合わせて量を調整してください。また、フードをふやかすことで水分を含んで量が増え、食べやすさや早食い防止もできます。

 

アカナグラスランドドッグの最安値を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイトAmazon楽天市場
6,264円/2kg3,758円/2kg4,385円/2kg
購入する購入する購入する
2018年11月現在の価格

アカナグラスランドドッグ(2kgで比較)の最安値は、Amazonでした。

アカナは公式サイトからも購入することができるのですが、単品のみの購入となっており、定期コースやまとめ買い割引などがありません。

Amazonですと公式サイトよりも2,500円ほどお得に、しかも送料無料となっていますので、こちらからの購入がおすすめです。

 

アカナのその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧フードの特徴
パピースモールブリード成犬時に最大9kgになる子犬用
パピー&ジュニア成犬時に9kg~25kgになる子犬用
パピーラージブリード成犬時に25kg以上になる子犬用
アダルトスモールブリード1歳以上のあらゆる小型犬用
アダルトラージブリード1歳以上の25kg以上の大型犬・成犬用
コップチキン&グリーンズ全年齢のあらゆる犬用
スポーツ&アジリティ全犬種活動犬用
ライト&フィット1歳以上のあらゆる犬用
シニアドッグ7歳以上の全犬種用
グラスフェッドラム草を与えられて育った生ラム肉& オカナガン・バレー産リンゴを使用
フリーランダック新鮮オンタリオ鴨肉&オカナガン・バレー産梨を使用
ヨークシャーポーク新鮮ヨークシャー種豚肉&バターナッツスクワッシュを使用
パシフィックピルチャード天然太平洋イワシ&フレイザーバレー産葉野菜を使用
ワイルドプレイリードッグ放し飼いの鶏肉、淡水魚、巣に産み落とされた卵を使用
パシフィカドッグ天然ニシン、イワシ、カレイ、メルルーサ&メバルを使用
ランチランドドッグアンガスビーフ、草を与えられて育ったラム肉、ヨークシャー種豚肉&平原バイソン肉を使用

 

総評:5種類の新鮮な動物性タンパク質がたっぷり

詳しく分析した結果、アカナグラスランドドッグは、ラム肉を中心とした栄養豊かなタンパク質をたっぷり含んだドッグフードであることがわかりました。

ラム肉のほか種類豊富な新鮮肉が使われているため、好き嫌いが激しい愛犬でも、食いつきの良さを期待できますね。

穀物も完全不使用で安心でき、アレルギーをもった犬でも安心して与えられるのも嬉しいポイントです。

ただ「ミール」が含まれていますので、気になる飼い主さんは避けるようにしてください。

あわせて読みたい

アカナパピースモールブリードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月7日

アーテミス アガリクスI/S 小粒の安全性や口コミ評判を徹底分析 

2019年2月18日

アカナライト&フィットの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月16日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

キアオラ ベニソンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月15日

最近見たページ

アカナ ワイルドプレイリードッグの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月24日

あなたにおすすめ

オリジン ツンドラの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年10月17日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日