ファインペッツ極(KIWAMI)の安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)の安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)が気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の総合評価

総合得点評価の内訳
100
(★★★★★)
原材料:★★★★★
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)は全体の90%が肉類で構成された、どんな犬種、年齢の愛犬にもおすすめできる高品質なドッグフードです。

原材料の品質、栄養バランスともに最高レベル。アレルギー性の高い「穀物」や化学物質由来の「人工添加物」は一切使用していません。

吸収効率が87%と非常に高く、犬の生育に欠かせない重要な栄養素「動物性タンパク質」を効率的に摂取できる点が特に評価できます。

定期コース割引や初回限定お試しパック(1.5kg/1080円)などのお得なサービスがあるため、買いやすさの点でも高く評価できます。

※ページの中段「極(KIWAMI)」を押下すると製品詳細・購入ページへ進みます。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の基本情報

分類総合栄養食
メイン食材アヒル肉
カロリー422kcal/100g
グレインフリー不使用
酸化防止剤使用(天然成分)
気になる添加物不使用(無添加)
対応年齢全年齢
賞味期限製造後:18ヶ月
開封後:3ヶ月
粒の大きさ直径:8mm
内容量/価格1.5kg/5,701円
4.5kg/13,002円
9kg/24,001円
18kg/45,001円
定期コース価格1.5kg/5,131円
(10回目以降10%割引)
初回お試しパック1.5kg/1,080円
販売元株式会社エヴリワンズ

ファインペッツ極(KIWAMI)の詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
フランス産アヒル肉、グリーンピース、鶏脂(天然由来成分にて酸化防止処理済み)、乾燥ポテト、オランダ産乾燥ニシン肉、全卵、アルファルファ、イナゴマメ、ビール酵母、鶏スープ、乾燥リンゴ、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、亜麻仁油、乾燥にんじん、乾燥チコリルート、魚介抽出物、コンドロイチン、クランベリー、タウリン、ユッカシジゲラ抽出物
酸化防止剤天然由来(ビタミンC、ビタミンE)
保存料なし
着色料なし
着香料なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

主要成分の分析値

成分名成分保証値乾燥重量比
粗タンパク質36.00%39.1%
粗脂質20.00%21.7%
粗灰分6.70%7.3%
粗繊維3.00%3.3%
水分8.0%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

その他の成分の分析値

成分名成分保証値成分名成分保証値
リン分1.0%マグネシウム1.09%
リジン21.0%システイン3.7%
トリプトファン6.2%αリノレン酸5.7%
EPA1.7%カルシウム1.41%
ナトリウム0.29%メチオニン6.60%
スレオニン12.90%リノール酸33.50%
アラキドン酸0.54%DHA1.70%
ビタミンA20,000.00 IE/kgビタミンE133mg/kg
ビタミンB214.4mg/kgビタミンB65.0mg/kg
パントテン酸27mg/kgコリン1,100mg/kg
タウリン800mg/kg銅分18mg
マンガン37mgセレニウム0.35mg
ビタミンD32,000 IE/kgビタミンB19.6mg/kg
ナイアシン60.0mg/kgビタミンB1280.0mcg/kg
ビタミンC27mg/kgビオチン540mcg/kg
鉄分101mg亜鉛178mg
ヨード1.80mg

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の分析結果①:原材料の安全性

分析の結果評価ポイント得点/配点
60点/60点
(★★★★★)
主原材料は肉類か?20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
40点/40点

ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)の原材料は、60点満点中60点。フランス産のケージフリーで育てられたアヒル肉を主原材料に、天然のオランダ産ニシンを合わせ、全体重量の90%まで肉類原材料を増やした、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。

どんな動物のどんな部位が使われているかわからない肉類の副産物(バイプロダクツ)や 化学合成された添加物、放射性物質汚染原材料、重金属類や残留農薬が混入した原材料は一切使用していません。

また、オランダの世界最先端のHACCP準拠の設備を持つクリーンな環境でつくられている面からも安全性を追求したドッグフードであるといえます。

主原材料:アヒル肉

ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)の主原材料はフランス産のアヒル肉です。アヒル肉は、動物性タンパク質、脂肪燃焼を助けるビタミンB1・B2を豊富に含んでいます。脂肪分が少ないので、ダイエット中の愛犬にもおすすめです。

サーモンオイル

オメガ3脂肪酸(DHA、EPA、αリノレン酸)やオメガ6脂肪酸などが多く含まれている、上質なオイルです。健康的な皮膚・被毛や便通をサポートする効果が期待できます。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の分析結果②:成分バランス

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
粗タンパク質は
AAFCO基準を満たす?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を満たす?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)は粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリア。栄養バランスは申し分ないドッグフードです。

87%という高吸収率は、他のプレミアムフードの約2倍。消化器官の衰えがちなシニア犬にもおすすめです。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)は、合成酸化防止剤、不要な人工添加物ともに一切使用されていませんでした

合成酸化防止剤は人工的につくられたもので、ドッグフードを長持ちさせる効果がありますが、使用されている種類によっては愛犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

極は合成酸化防止剤ではなく、天然由来の成分である「ビタミンC、ビタミンE」を酸化防止剤として使用しています。これらは酸化防止効果こそ強力ではないものの、愛犬への安全性は高いと考えられます。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の口コミや評判

始めて1カ月たち、毛並みもすこぶるよくなりました。
年齢はいってますが、多分今までで一番毛艶がいいと思います。

素晴らしいフードです。便の状態もまったく不安なく切替完了しました

3匹(15歳、12歳、1.5歳)ともとても調子が良く、食い付き、便、体臭、 涙目も完璧です。

今のところ食いつきも良く太りそうです。分量守らないと。

公式サイトのファインペッツドッグフード極(KIWAMI)の口コミを見てみると、「残さず食べるようになった」、「お腹の調子が良くなった」という声が多くありました。

1粒1粒に栄養がギュッと詰まっているからこそ、不適切な給餌量は肥満につながりやすくなります。1日の給餌量はきちんと守り、よく食べるからと与えすぎないように注意してくださいね。

「喜んで食べてほしい」「健康が気をつけてあげたい」という飼い主さんによく選ばれているようです。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)の最安値を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイトAmazon楽天市場
5,701円/1.5kg
購入する

2018年10月1日現在の価格
ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)の最安値は公式サイトでした。Amazon、楽天では取り扱いがありません。

お得な定期コース「オートシッププログラム」は、注文忘れによるフード切れの心配がないので便利で安心です。

1回目から9回目までは210円の割引、10回目以降のお届けからは、自動的に10%割引になります。さらに、20回目は20%割引、50回目は50%割引、100回目からは10回目毎のお届けが無料になるという特別割引特典があります。

また、初回のみ「お試しパック1.5kg」を1,080円で購入することができますので、食いつきが気になる飼い主さんでも安心して試すことができますね。

 

ファインペッツ極(KIWAMI)のその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧得点フードの特徴
ファインペッツドッグフード90点アレルギー性の低い鹿肉をメインに使用した、全年齢向きフード

 

総評:品質・安全性ともに100点のドッグフード

詳しく分析した結果、ファインペッツドッグフード極(KIWAMI)は、原材料、成分バランス、安全性ともに非常に高品質なドッグフードだということがわかりました。

グレインフリーですので、過去に穀物入りのドッグフードで不調を起こしたことのある場合でも安心して与えることができます。

「愛犬にいつまでも健康でいてもらいたい」「安心安全なフードをおいしく食べてもらいたい」と考える飼い主さんにおすすめです。

※ページの中段「極(KIWAMI)」を押下すると製品詳細・購入ページへ進みます。

あわせて読みたい

オリジンオリジナルドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月10日

アカナ パシフィックピルチャードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月22日

アカナライト&フィットの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月16日

アーテミス アガリクスI/S 小粒の安全性や口コミ評判を徹底分析 

2019年2月18日

アカナアダルトラージブリードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月14日

最近見たページ

シュプレモ 成犬用の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月11日

安全なドッグフードとは?見極めポイントやおすすめ5選を紹介!

2019年2月11日

あなたにおすすめ

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日

ドッグフード 工房・鶏肉の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日