ファインペッツドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、ファインペッツドッグフードの安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。ファインペッツドッグフードが気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

ファインペッツドッグフードの総合評価

総合得点評価の内訳
90
(★★★★・)
原材料:★★★★・
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

ファインペッツドッグフードは、アレルギー性の低い鹿肉をメインに肉類を80%も使用している高品質なドッグフードです。消化吸収率は87%と超高率なので、少ない量で十分な栄養が取れる点もポイントです。

犬の体に悪影響を及ぼしかねない 化学合成された添加物は一切使用しておらず、ビタミン、ミネラル分はすべて天然由来であることも高く評価できます。

オートミールや大麦などの穀物が使用されていますが、これらは穀物の中でもアレルギーを起こしにくく、むしろミネラルや食物繊維のエネルギー源として有効的な食材です。

穀物にアレルギーを持っていない愛犬ならば与えても問題ないですが、過去に穀物アレルギーの発症経験がある場合や、穀物入りのドッグフードで体調不良を起こしたことのある場合は避けた方が好ましいです。

 

ファインペッツドッグフードの基本情報

分類総合栄養食
メイン食材鹿肉
カロリー440 kcal/100g
グレインフリー×(オートミール、大麦、全粒米)
酸化防止剤○(天然成分)
気になる添加物○(無添加)
対応年齢全年齢
賞味期限製造後:18ヶ月
開封後:3ヶ月
粒の大きさ直径:
大粒12mm
小粒 5mm
内容量/価格1.5kg/3,394円
4kg/6,995円
8kg/13,886円
16kg/24,686円
定期コース価格1.5kg/3,054円
(10回目以降10%割引)
初回お試しパック1.5kg/1,080円
販売元株式会社エヴリワンズ

 

ファインペッツドッグフードの詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、昆布、パセリ、ローズマリー、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、ユッカシジゲラ抽出物、コンドロイチン0.01%、ローズマリー、セイヨウイラクサ
酸化防止剤天然由来(ローズマリー、ビタミンC、ビタミンE)
保存料なし
着色料なし
着香料なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

 

主要成分の分析値

成分名成分保証値乾燥重量比
粗タンパク質27.1%29.5%
粗脂質16%17.4%
粗灰分8.2%8.9%
粗繊維4.5%4.9%
水分8%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

 

その他の成分の分析値

成分名成分保証値
ナトリウム0.13g
マグネシウム0.07g
カリウム0.35g
リシン0.97g
メチオニン0.35g
システイン0.19g
スレオニン0.61g
トリプトファン0.17g
リノレン酸n-61.88g
アラキドン酸n-60.02g
EPA0.08g
DHA0.08g
※その他成分の分析値について、公式サイトでは単位gr(グレーン、1gr=0.06479891g)で表記していますが、ここではわかりやすさのために単位gに変換した数値をまとめています。

 

ファインペッツドッグフードの分析結果①:原材料の安全性

分析の結果評価ポイント得点/配点
50点/60点
(★★★★・)
主原材料は肉類か?20点/20点
気になる原材料が
含まれているか?
30点/40点

ファインペッツドッグフードの原材料は、60点満点中50点。低アレルギー性の鹿肉を中心に、鶏肉、サーモンといった肉類の原材料を80%も使用した肉主体のドッグフードです

さらに、どんな動物のどんな部位が使われているかわからない肉類の副産物(バイプロダクツ)や 化学合成された添加物は一切使用していないことから、安全性が高く高品質なドッグフードだと判断できます。中国産原材料も一切使用していません。

オートミールや大麦などの穀物が含まれているので穀物不使用(グレインフリー)ではありませんが、どれも比較的アレルギー性が低い部類に属する穀物です。

穀物アレルギーを持っていない犬ならば問題ないですが、過去に穀物アレルギーの発症経験がある場合や、穀物入りのドッグフードで下痢や皮膚炎などを起こしたことのある場合は避けた方が好ましいかもしれません

主原材料:鹿肉

鹿肉は、脂質が少なく鉄分やビタミンが豊富です。皮膚や毛艶、歯、骨などの健康維持に貢献します。

気になる原材料:大麦、全粒米、オートミール

は消化しにくい植物性たんぱく質を多く含んでいるので、少量に抑えたい原材料の一つです。

肉類の原材料割合が高いので、大麦、全粒米、オートミールそれぞれの配合量は少ないと考えられますが、上述の通り過去に穀物でトラブルを起こしてしまったことのある場合は避けたほうが良いでしょう。

とはいえこれらの食材はミネラルや食物繊維の補給源として優秀ですので、穀物が苦手な愛犬でなければ与えても問題ありません。

気になる原材料:豆類繊維質

「豆類繊維質」というあいまいな表示の仕方ではどんな豆が使用されているのかわからないため、少々不安が残ります。

豆類は基本的に与えても問題ない食材ですが、場合によっては特定の豆類にアレルギーを起こすおそれがあります。

仮にアレルギーを起こしたとしても、「大豆」「ひよこ豆」などきちんと食材名が明記されていればアレルゲンを特定しやすいのですが、ファインペッツの場合はどの豆が使われているかわからないためにアレルゲンを特定することが難しくなっています。

 

ファインペッツドッグフードの分析結果②:成分バランス

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
粗タンパク質は
AAFCO基準を満たす?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を満たす?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

ファインペッツドッグフードは粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリア。栄養バランスは申し分ないドッグフードです。

消化吸収率が87%と他のプレミアムフードの2倍もあるので、消化器官の衰えがちなシニア犬にもおすすめです。

 

ファインペッツドッグフードの分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果評価ポイント得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

ファインペッツドッグフードは、合成酸化防止剤、不要な人工添加物ともに使用されていませんでした。

合成酸化防止剤とは人工的につくられた化学物質のことで、強い酸化防止効果でフードの賞味期限を長持ちさせる働きがありますが、愛犬の体には悪影響を与えてしまう可能性があるものです。

天然由来の酸化防止剤として「ローズマリー、ビタミンC、ビタミンE」が使われています。

 

ファインペッツドッグフードの口コミや評判まとめ

以前のフードは時々食べない時があり、下痢や吐気をしていたのがファインペッツに変えたら全て解消されました。

偏食気味だったうちの子がこちらに変えてから、もうずっと食べてくれています。お蔭様で中性脂肪も下がり、体重もわずか減少致しました。

毛ツヤ、毛並みなど綺麗になってきたと実感しています。

与える量がこれだけ?ってくらい少ないですが痩せて来ないので足りているんだと思います。

公式サイトの口コミを見てみると、「便の調子が良くなった」「体重が管理しやすい」「毛並みや毛ヅヤが良くなった」という声が多くみられました。

本来肉食である犬の食事スタイルに合わせて、原材料にアレルギー性の低い鹿肉を含む肉類が豊富に含まれています。動物性タンパク質や脂質を効率よく摂取できることにより、毛ヅヤや毛並みを美しく維持できていると考えられます。

ファインペッツドックフードは、消化吸収率が87%ととても高く、少ない供給量で栄養を十分補えるように設定されていることで、体重の管理がしやすいようです。他のフードから切り替えた際に「与える量が少なく感じる」との声がありましたが、「少ない供給量なので家計にも優しい」との声もありました。設定されている供給量を参考に愛犬に合わせて与えてください。

 

ファインペッツドッグフードの価格を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイトAmazon楽天市場
3,394円/1.5kg
購入する

2018年10月1日現在の価格
ファインペッツドッグフードの最安値は公式サイトでした。Amazon、楽天では取り扱いがありません。

公式サイトでは、お試しパック1.5kgを初回限定1,080円で購入することができます。

また、お得な定期コース「オートシッププログラム」は、1回目から9回目までは210円の割引、10回目以降のお届けからは、自動的に10%割引になります。さらに、20回目は20%割引、50回目は50%割引、100回目からは10回目毎のお届けが無料になる特別割引もうれしい特典ですね。

 

ファインペッツドッグフードのその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧得点フードの特徴
極(KIWAMI)100点「世界最高品質」「安心安全」を20年追求した究極のフード

 

総評:高品質の安全なドッグフード

ファインペッツドッグフードは詳しく分析した結果、原材料、安全性、共に優れたドッグフードだということがわかりました。

ただ穀物が使われているので、過去に穀物入りのドッグフードで不調を起こしたことのある場合は避けた方が好ましいかもしれません。

「大切な愛犬にいつまでも健康でいてほしい」、「今のドッグフードはいまいち」と思っている飼い主さんにおすすめの商品です。

あわせて読みたい

iDish-アイディッシュ-ドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月16日

UMAKAドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月16日

クプレラ ベニソン&スイートポテト ドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月11日

リズム (Rhythm)ヘルシーウェイトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日

K9ナチュラル・チキンフィーストの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月13日

最近見たページ

ファインペッツドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月13日

あなたにおすすめ

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日

ドッグフード 工房・鶏肉の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日