シュプレモ 成犬用の安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、シュプレモ 成犬用の安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。シュプレモ 成犬用が気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

シュプレモ 成犬用の総合評価

総合得点 評価の内訳
85
(★★★★・)
原材料:★★★・・
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

シュプレモ 成犬用は、自然の栄養素が凝縮された栄養バランスの良いドッグフードです。

シュプレモが掲げる「ミートファースト」のもと、主原材料には加工まで厳重に低温管理されたチキン(肉)が使用され、素材の美味しさや栄養が凝縮されています。

また厳選された栄養価の高い自然素材同士を最適なバランスでブレンドすることにより、相互作用で栄養素としての働きを高めるシュプレモ独自の「ホリスティック・ブレンド」が採用されています。

そのため愛犬の健康維持に必要な栄養を効率良く摂取することができます。

しかしミールや穀物類、タンパク加水分解物、ビートパルプなど通常「粗悪」とされる原材料が使用されている点が気になります

 

シュプレモ 成犬用の基本情報

分類 総合栄養食
メイン食材 チキン(肉)
カロリー 350kcal/100g
穀物(グレイン) 玄米、粗挽き米、米糠、オーツ麦
酸化防止剤 天然由来(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
気になる添加物 不使用
対応年齢 中型犬:生後12ヶ月位からの成犬
大型犬:生後15〜18ヶ月位からの成犬
賞味期限 開封後:1ヶ月
粒の大きさ 約10mm
内容量/価格 2kg/2,799円
4kg/4,722円
7.5kg/6,500円
13.5kg/10,208円
※Amazon参考価格
販売元 MARS
最安値 楽天

 

シュプレモ 成犬用の詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
チキン(肉)、チキンミール玄米粗挽き米米糠ラムミールタンパク加水分解物サーモンミール、鶏脂、ひまわり油オーツ麦、亜麻仁、ビートパルプ、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*ミックストコフェロールで保存
酸化防止剤 天然由来(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
保存料 なし
着色料 なし
着香料 なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

 

主要成分の分析値

成分名 成分保証値 乾燥重量比
粗タンパク質 25% 27.0%
粗脂質 14% 15.6%
粗灰分 10.5% 11.7%
粗繊維 4% 4.4%
水分 10%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

 

その他の成分の分析値

成分名 成分保証値
カルシウム 1.2%
リン 1.0%
亜鉛 250mg/kg
ビタミンE 80IU/kg
オメガ3脂肪酸 0.4%
オメガ6脂肪酸 3.5%

 

シュプレモ 成犬用の分析結果①:原材料の安全性

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
45点/60点
(★★★・・)
主原材料は肉類か? 20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
25点/40点

シュプレモ 成犬用の原材料は、60点満点中45点。

主原材料には良質な動物性タンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含むチキン(肉)が使用されています。加工までしっかりと低温管理されているため素材の美味しさが損なわれず、食いつきにもこだわっています。

また、合成酸化防止剤や不要な添加物の使用がされていない点も高ポイントです。

しかしミールや穀物類、タンパク加水分解物、ビートパルプなどの使用が見られる点が気になります

通常「◯◯ミール」は、どのような状態のどの部位を使用しているか定かでないため安全性に不安があります。

公式サイトではシュプレモで使用されているミールには、首や足、羽などの副産物は不使用であると記載されていますが、気になる方は避けることをおすすめします。

 

主原材料:チキン(肉)

チキン(肉)はアミノ酸のバランスの良い動物性タンパク質や、ビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ栄養価の高い食材です。

チアシード

チアシードは、体内で生成されることがない必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸(a-リノレン酸)を豊富に含んでいます。

そのほかにもカルシウムやマグネシウム、鉄分、亜鉛など多くの栄養素を含んでいるスーパーフードです。

気になる原材料:チキンミール、ラムミール、サーモンミール

「◯◯ミール」と呼ばれる原材料は、肉以外に内臓や毛、羽、くちばし、歯など、通常食用とされない栄養価の低い部位をも混ぜ、すり潰して加工している可能性があります。

どのような状態のどの部位を使用しているか明確でないため、不安が残る食材です。

気になる原材料:穀物(玄米、粗挽き米、米糠、オーツ麦)

シュプレモ 成犬用で使用されている穀物類は、穀物の中でもアレルギー性が低く、ミネラルや食物繊維が豊富です。

しかし穀物同士は含まれる抗原の特徴が似ているため、過去に穀物アレルギーを発症したことがある場合、体内で生成された穀物アレルゲン抗体が反応を起こしてしまう可能性があります。

穀物アレルギーを持っていない愛犬に与える分には問題ありませんが、穀物アレルギーの発症経験や、穀物の含まれたドッグフードを食べて体調を崩したことのある愛犬へ与えることは避けたほうが好ましいです。

気になる原材料:タンパク加水分解物

タンパク加水分解物とはタンパク質を含んだ原料を、酵素や塩酸、熱水を用いて加水分解されたものです。

ここではどのような素材が使用されているかはっきりと記載されていないので、もしアレルギーを発症した際にどのタンパク質に反応したのかを特定することができないという懸念があります。

気になる原材料:ビートパルプ

ビーパルプは 甜菜(てんさい)から糖分を絞り出した後に残った繊維質のことです。食物繊維は豊富ですが、他に栄養素を含みません。

また甜菜から砂糖をしぼる際に薬品が使用されることがあり、その薬品が残留している恐れがあったり、便を固くする性質があるため愛犬の健康状態がわかりづらくなったりするデメリットがあります。

 

シュプレモ 成犬用の分析結果②:成分バランス

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★・)
粗タンパク質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

シュプレモ 成犬用は粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリアし、活動が活発な成犬に必要な栄養がバランス良く摂取できるドッグフードです。

低温管理され美味しさや栄養が凝縮されたチキン(肉)は、良質な動物性タンパク質を豊富に含んでいます。

良質な動物性タンパク質は犬の健康維持には欠かせない栄養素で、消化吸収もよく、愛犬の健康をいたわります。

また鶏脂やひまわり脂、亜麻仁、チアシードなどから必須脂肪酸を含む上質な脂質を摂取することができます。

 

シュプレモ 成犬用の分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★・)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

シュプレモ 成犬用は合成酸化防止剤や不要な添加物は使用されていません。

天然由来のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸が酸化防止に使用されています。天然由来成分は安全性が高い反面、合成酸化防止剤よりも酸化しやすいため注意が必要です。

開封後はしっかりと密閉をして、高温多湿の場所を避けて保存をするようにしてください。

 

シュプレモ 成犬用の口コミや評判

安心してあげられるフードだと思います。うちの愛犬たちの主食です。

このフードは食いつきが良く、カリカリ美味しそうに食べてくれます。形が楕円なので時々口内の変な場所に入ってしまうらしく、食べにくそうにすることがあります

食べむらのある子ですが、これならガツガツ食べてくれます

しっかりと食べてくれています。健康に気を使った安心安全な商品だと思います。

楽天市場のシュプレモ 成犬用の口コミを見てみると、「食いつきが良い」「安心して与えることができる」という声が多くありました。

主原材料のチキン(肉)は加工まで厳重に低温管理をされており、素材そのものの美味しさが凝縮されているため、美味しく食べてくれる愛犬が多いようです。

合成酸化防止剤や不要な添加物の使用がされていないことから、安心して愛犬に与えることができると、商品の安全性を評価するの声も見受けられました。

またマイナス意見としては、「楕円形の粒が食べずらそう」という指摘がありました。

 

シュプレモ 成犬用の最安値を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイト Amazon 楽天市場
2,799円/2kg 2,247円/2kg
購入する 購入する
2019年2月17日現在の価格

シュプレモ 成犬用は公式サイトでの販売はされていません。

最安値は楽天市場でした。店舗によっては別途送料が発生する場合があるため、購入の際は確認をしてくださいね。

内容量が多いほど100g単位の値段が安くなっているため、賞味期限内に食べきれるようであれば大きいサイズを購入したほうがお得になります。

 

シュプレモ 成犬用のその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧 フードの特徴
子犬用 メイン食材はチキン。発育期の子犬に最適な栄養バランス。粒は食べやすい小粒
超小型犬用成犬用 メイン食材はチキン。超小型犬に配慮された栄養バランス。粒は食べやすい小粒。生後8ヶ月以上の超小型犬成犬用
小型犬成犬用 メイン食材はチキン。小型犬に配慮された栄養バランス粒は食べやすい小粒。生後8ヶ月以上の小型犬成犬用
超小型犬〜小型犬用エイジングケア 超小型犬〜小型犬のシニア犬に適したフード。ふやけやすい小粒。7歳以上の超小型犬〜小型犬用
エイジングケア シニア犬の健康維持に。噛み砕きやすいドーナツ型粒
超小型犬〜小型犬用体重管理用 ダイエットが必要な愛犬用。超小型犬〜小型犬用
体重管理用 ダイエットが必要な愛犬用。全犬種対応
草原のレシピ メイン食材はチキン。グレインフリー
牧場のレシピ メイン食材は牛肉。グレインフリー
地中海のレシピ メイン食材はラム肉。グレインフリー
湖畔のレシピ メイン食材はアヒル。グレインフリー

 

総評:活動が活発な成犬に適した自然の栄養素が凝縮されたドッグフード

詳しく分析した結果、シュプレモ 成犬用は厳選された自然食材から得られる栄養素が凝縮された栄養価の高いドッグフードであることがわかりました。

シュプレモ独自の食材のブレンドにより、愛犬の健康維持に必要な栄養をバランス良く摂取することができます。また素材本来の美味しさが凝縮されているため、愛犬の食いつきが期待できますよ。

しかしミールや穀物類、タンパク加水分解物、ビートパルプなどが使用されている点が残念です。

シュプレモ 成犬用で使用されている穀物自体はアレルギー性は低いですが、過去に穀物アレルギーの発症経験がある場合には反応を起こしてしまう可能性があります。

穀物の使用が気になるようであれば、同シリーズでグレインフリーの商品もあるのでそちらを検討してみても良いですね。

あわせて読みたい

みらいのドッグフード【薬膳】長寿サポートの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月14日

リズム (Rhythm)ヘルシーウェイトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日

ヤラー グレインフリードッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月18日

iDish-アイディッシュ-ドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月16日

ファインペッツ極(KIWAMI)の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月11日

最近見たページ

シュプレモ 成犬用の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月18日

あなたにおすすめ

オリジン ツンドラの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年10月17日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日