ドッグフード工房 馬肉の安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、ドッグフード工房 馬肉の安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。ドッグフード工房 馬肉が気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

ドッグフード工房 馬肉の総合評価

総合得点 評価の内訳
84
(★★★★・)
原材料:★★★
成分値:★★・・
無添加:★★★★★

ドッグフード工房 馬肉は、天然素材にこだわり、不要な添加物一切使用していない自然派ドッグフードです。

主原材料には、国内の専門業者から取り寄せられたヒューマングレードな馬肉が使用されています。高タンパクで低カロリー、鉄分や体力の源といわれるグリコーゲンを含んだ馬肉は、アレルギー性も低く、チキンなどにアレルギーを持つ犬の対策フードとしても適しています

ただ、うるち米や小麦などの穀物も多く使用されているので、穀物アレルギーを持っている場合や、過去に穀物を含むフードで体調を崩したことがある愛犬へ与えることは避けた方が好ましいです。

 

ドッグフード工房 馬肉の基本情報

分類 総合栄養食
メイン食材 馬肉
カロリー 375kcal/100g
穀物(グレイン) 使用(うるち米、小麦)
酸化防止剤 不使用
気になる添加物 不使用
対応年齢 全年齢
賞味期限 未開封:3ヶ月
開封後:1ヶ月
粒の大きさ 通常粒/直径:約10mm
小粒/直径:約7mm
内容量/価格 800g/1,836円
2.4kg/4,514円
5.8kg/10,238円
販売元 ペットフード工房株式会社

 

ドッグフード工房 馬肉の詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
馬肉、うるち米小麦、生おから、さつまいも、本鰹節、にんじん、カボチャ、すり胡麻、食用卵殻粉、すなぎも、鰯粉、菜種油、米油、ビール酵母、食塩
酸化防止剤 なし
保存料 なし
着色料 なし
着香料 なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

 

主要成分の分析値

成分名 成分保証値 乾燥重量比
粗タンパク質 20% 21.3%
粗脂質 8% 8.5%
粗灰分 3% 3.2%
粗繊維 1% 1.1%
水分 6%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

ドッグフード工房 馬肉の分析結果①:原材料の安全性

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
49点/60点
(★★★★・)
主原材料は肉類か? 20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
29点/40点

ドッグフード工房 馬肉の原材料は、60点満点中49点。

天然素材にこだわり、採れたての国産野菜、食品衛生検査工程を経た鮮度の高い精肉などが使用されています。また、人工添加物も一切含んでいないので、その点は大きく評価できるポイントです。

しかし、うるち米や小麦など犬にとってデメリットの多いといわれる穀物や、ナトリウムの過剰摂取になりかねない食塩の使用など、気になる点が多く見受けられます。

主原材料:馬肉

馬肉は高タンパク、低カロリーでヘルシーな食材です。

鉄分やミネラル、アミノ酸、グリコーゲンなどの栄養素が豊富に含まれているうえ、動物性飽和脂肪酸が少ないため体脂肪が増えにくく、健康的な引き締まった体作りに適した食材です。

さつまいも

さつまいもは、アレルギーの原因となりうるグルテンが入っていない炭水化物源です。

食物繊維による便秘解消作用や、カリウムによる塩分排出作用があります。カロリーが高く、食の細い犬にとって栄養補給がしやすい食材です。

気になる原材料:うるち米

うるち米はミネラルや食物繊維を豊富に含んでおり、穀物の中では比較的消化されやすく、アレルギー性も低いです。ただ、高GI食材でもあり、血糖値を急上昇させてしまう可能性があり、肥満へと繋がりやすいという一面もあります。

穀物が苦手でない犬なら与えても問題はありませんが、アレルギーを持っていたり、過去にうるち米入りのドッグフードとで体調を崩したりしたことのある愛犬へ与えるとことは避けた方が良いでしょう。

気になる原材料:小麦

小麦は植物性タンパク質の中でも犬にとって消化のしづらいグルテンを含む食材です。

摂取し過ぎるとアレルギーを引き起こす可能性が高く、好ましい原材料ではありません。

気になる原材料:食塩

犬にとっても塩分(ナトリウム)は生命維持に必要不可欠な成分です。

しかし他の原材料に含まれているナトリウムで必要量は補えることがほとんどのため、食塩を添加する必要がない場合がほとんどです。

ナトリウムの過剰摂取は腎臓に負担をかけてしまう危険性があります。

 

ドッグフード工房 馬肉の分析結果②:成分バランス

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
15点/20点
(★★・・)
粗タンパク質は
AAFCO基準を
満たすか?
5点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

ドッグフード工房 馬肉は、成犬に関しては粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリアしていますが、子犬に関しては粗脂質はクリアしているものの、粗タンパク質は基準を満たしていません

タンパク質は成長期の子犬にとって重要な栄養素です。成長期は、筋肉などの組織が形成される時期でもあり、成犬の4倍ほどのタンパク質の量を必要とするといわれています。

そのタンパク質の量が基準を満たしていないため、全年齢を対象にしたドッグフードですが、子犬に与える際は、他にタンパク質源となる食材をトッピングするなどしてタンパク質を補うことをおすすめします。

 

ドッグフード工房 馬肉の分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

ドッグフード工房 馬肉は合成酸化防止剤や不要な添加物は一切使用されていません

危険な防腐剤や合成保存料などの添加物が一切使用されていない点は、大きく評価できるポイントです。

しかし、賞味期限が短くなっているので注意が必要です。

ドッグフードは開封した瞬間から湿気を吸い酸化が始まります。開封後はしっかり密閉をして、空気に触れる時間を少なくし、高温多湿の場所を避けて保存しましょう。

 

ドッグフード工房 馬肉の口コミや評判

他のフードのような油臭さがありません毎日残さず食べてくれます

初めての馬肉フードですが、気に入ったのか食べてくれています。低カロリーなので、ダイエットにもいいかと思います。このまま続けてみたいと思っています。

こちらのフードは触っても手に油はつかずどちらかと言えばパサパサした感じでとても良いです。おかげさまで涙も少なくなっています。ただうちの子達には少し粒が大きく感じますので袋に入れて荒くつぶして与えています。

食べなかったので試しにお湯で2.3分くらいふやかしたらバクバクたべてくれました。市販の餌より硬いのかな?と。臭いも抜群で食べてくれたので良かったです。

口コミを見てみると、「食いつきが良い」「便や皮膚の状態が良くなった」「無添加なので安心」という声が多くありました。

消化吸収を助けるグリコーゲンが豊富に含まれている馬肉を主原料としているため、腸内環境が整い、便の調子が良くなり臭いも軽減したと考えられます。また、馬肉の脂肪分は毛ヅヤを良くする効果が期待できます。

人間用の天然食材が原材料となっており、犬の体に有害となる添加物を一切使用していないため、愛犬の健康を気づかう飼い主さんからの支持が多いようです。

一方、マイナスのコメントとして「粒が大きい」「粒が硬い」という声も見られました。粒の大きさは通常サイズと小粒サイズの2種類があるため、愛犬に合わせてサイズを選んでください。小粒サイズでも食べにくい場合は、砕いたりお湯でふやかしたりと食べやすいように工夫して与えてください。

 

ドッグフード工房 馬肉の価格を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイト Amazon 楽天市場
1,836円/800g 1,836円/800g 1,836円/800g
購入する 購入する 購入する
2018年10月30日現在の価格

ドッグフード工房 馬肉は、公式サイト・Amazon・楽天市場で購入することができます。価格はどのサイトも同価格でした。

天然食材にこだわり、不要な添加物が使用されていないドッグフード工房の商品は賞味期限が短く、買い置きには向いていないため、欲しいタイミングで作りたてを届けてくれる公式サイトの定期購入がおすすめです。

買い忘れの心配もなく、通常価格から10~14.5%OFF、送料無料というお得さもあります。

 

ドッグフード工房 馬肉のその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧 フードの特徴
ドッグフード工房 鶏肉 ブランド地鶏「健味どり」をメインに使用。全年齢対象フード
ドッグフード工房 野菜畑 食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富な野菜を蒸して使用。全年齢対象フード

 

総評:天然素材が使用された自然派ドッグフード

詳しく分析した結果、ドッグフード工房 馬肉は、基本、国産の天然素材にこだわり、生材料は低温加熱調理された、自然派ドッグフードであるということがわかりました。

栄養素が失われやすい高温加熱工程をできるだけ加えず、生精肉はミンチに、野菜は蒸して調理され、自然の栄養や風味がしっかりと残るように作られています。

主原材料の馬肉には、亜鉛やオメガ3脂肪酸、鉄分、グリコーゲンなどが豊富に含まれており、犬の生育に必要な栄養素を効率よく摂取できます。

しかし粗タンパク質・粗脂質の成分値の割合が比較的低いので、良質なタンパク質の摂取を多く必要とする成長期の子犬にとっては物足りない成分値といえます。

また、うるち米や小麦といった穀物の使用が認められるため、穀物アレルギーを持つ犬や過去に穀物が入ったドッグフードで体調を崩した経験がある場合は、給餌を控えた方が良いでしょう。

あわせて読みたい

アカナ アダルトスモールブリードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月11日

フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月18日

いぬはぐドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月25日

Butch(ブッチ)ブラック・レーベルの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月5日

ワイルドレシピ 超小型犬〜小型犬 成犬用 サーモン

2019年3月11日

最近見たページ

ドッグフード工房 馬肉の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日

あなたにおすすめ

オリジン ツンドラの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年10月17日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日