オリジンパピードッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、オリジンパピードッグフードの安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。オリジンパピードッグフードが気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。

 

オリジンパピードッグフードの総合評価

 

総合得点 評価の内訳
100
(★★★★★)
原材料:★★★★★
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

オリジンパピードッグフードは、子犬の成長と発育に欠かせない肉が85%以上配合されたドッグフードです。

原材料リストに記載されている肉の種類は6種類。そのうちの3分の2は、保存剤を使わず冷蔵または急速冷凍された新鮮な生肉、残りの3分の1は低温で乾燥された肉が使用されています。

愛犬の丈夫な体をつくる栄養源となるたんぱく質を豊富に含み、炭水化物は血糖値の上昇が比較的ゆるやかな低GIの豆類を中心に、一般的なドッグフードの半分以下まで抑えられています。

素材の栄養をそのまま凝縮することでより自然に近い食事を再現しているという点で、高く評価できます。

成長期の子犬はもちろん、より栄養を必要とする妊娠・授乳中の犬や高齢犬まで、幅広いステージの犬に対応していますよ。

 

オリジンパピードッグフードの基本情報

分類 総合栄養食
メイン食材 新鮮鶏肉
カロリー 396kcal/100g
穀物(グレイン) 不使用
酸化防止剤 ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)
気になる添加物 不使用
対応年齢 小型〜中型の子犬
内容量/価格 340g/1,123円
2kg/5,184円
5.9kg/14,094円
11.3kg/20,412円
販売元 Champion Petfoods

 

オリジンパピードッグフードの詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
新鮮鶏肉、 新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、 新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、鶏肉脂肪、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆、天然鶏肉風味、レンズ豆繊維、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、乾燥ケルプ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
酸化防止剤 天然由来(ミックストコフェロール)
保存料 なし
着色料 なし
着香料 なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

 

主要成分の分析値

成分名 成分保証値 乾燥重量比
粗タンパク質 38% 43.2%
粗脂質 20% 22.7%
粗繊維 6% 6.8%
水分 12%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

 

その他の成分の分析値

成分名 成分保証値
カルシウム 1.2%
リン 0.9%
オメガ6脂肪酸 3.5%
オメガ3脂肪酸 0.8%
DHA 0.2%
EPA 0.2%
グルコサミン 700 mg/kg
コンドロイチン硫酸 600 mg/kg

 

オリジンパピードッグフードの分析結果①:原材料の安全性

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
60点/60点
(★★★★★)
主原材料は肉類か? 20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
40点/40点

オリジンパピードッグフードの原材料は、60点満点中60点。主原材料の肉が全体の85%も使用されており、高い栄養とエネルギーを必要とする子犬にとって理想的な食事であると判断できます。

オリジンが他のドッグフードブランドと圧倒的に異なる点は、地元産の新鮮な食材にこだわっていること。放し飼いの鶏肉、七面鳥肉、自然の海で水揚げされた魚、巣に産み落とされた卵など、信頼できる生産者が飼育・栽培・漁獲したものを厳選して使っています。

中でも主原材料である肉は、人間用食材として認定を受けており、通常3日以内に農場から自社工場まで搬送され、2日以内にオリジンドッグフードとして調理されています。

オリジンパピードッグフードは、原材料の配合比率だけでなく、食材そのものの確かさ、安全性において信頼できるドッグフードといえます。

主原材料:新鮮鶏肉

主原料には、放し飼いされた新鮮な鶏肉が使われています。新鮮な肉は、愛犬が本能的に欲しがる食事であるとともに、栄養価の高い良質の必須栄養素を摂ることができます。

鶏肉は、子犬の生育に欠かせない動物性たんぱく質を多く含み、リンやセレンなど愛犬の健康的な生活をいたわる栄養素を含みます。

新鮮七面鳥肉

鶏肉に比べてミネラルが豊富で、鉄分や銅、亜鉛のほかにビタミンB6、B2も多く含まれています。他の肉に比べてアレルギーを起こしにくい点も特徴です。

新鮮魚肉

新鮮な魚を源とするDHAとEPAは、子犬の発育中の神経や免疫システムにとって極めて重要な栄養素です。若々しく健康な毎日をサポートします

 

オリジンパピードッグフードの分析結果②:成分バランス

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
粗タンパク質は
AAFCO基準を満たすか?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を満たすか?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

オリジンパピードッグフードは粗タンパク質、粗脂質ともにAAFCO栄養基準をクリア。栄養バランスは申し分ないドッグフードです。

たんぱく質と脂肪由来のカロリーが多く、炭水化物由来のカロリーが少なくなっており犬の自然食事に近い効率で栄養を補給できるよう調整されています。

また、全ての穀類(米、コーン、小麦、大麦等)、植物性たんぱく質(グルテン、大豆)を使用していない点も評価できるポイントです。

オリジンパピードッグフードの分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

オリジンパピードッグフードには合成酸化防止剤、不要な人工添加物、遺伝子組み換え原材料は使用されていません

合成酸化防止剤とは、人工的に合成された化学物質のことで、強力な酸化防止(長持ち)効果を発揮しますが愛犬の体に悪影響を与えてしまう可能性があるものです。

オリジンパピードッグフードには合成酸化防止剤は使用されておらず、代わりに天然由来の「ミックストコフェロール」が酸化防止剤として使用されています。

酸化防止効果が合成のものと比べると弱く、保存期間が短くなりますが、愛犬の体に害を及ぼす心配がないのは評価に値するポイントです。

また、着色料や着香料などを一切使用していないことも高く評価できます。これらの添加物の中には石油やタールでできたものもあるため、健康に悪影響がある可能性があるのです。

オリジンパピードッグフードの口コミや評判

このご飯だと食べムラもなくとてもよく食べるので気に入っています。便の状態や毛艶も安定しており切り替え後のトラブルもないのでしばらく続けたいと思います。

食いつきも良くて、とても美味しそうに食べてます涙やけも前に比べると緩和されてきてるような気がするので、しばらくはこれで様子をみようと思います。

エサの粒が大きかったようで、食べにくそうでした。手で割れそうなのは割ると美味しそうに食べるので、味は美味しいんだと思いますが…毎回砕くのは手間なので、また別のを探してみます。

食いつきもよく喜んでますが、便の臭いはキツくなったような気がします。

口コミを見てみると、「食いつきが良い」「毛ヅヤが良くなった」という声が多くありました。

本来肉食である犬の食事スタイルに合わせて原材料に新鮮生肉が豊富に使用されているので、食いつきの良さにつながったと考えられます。また、肉は子犬の成長と発育に欠かせないため、85%以上に肉が配合されていることも飼い主さんからの評価を得ています。

マイナスのコメントとして、「粒が大きい」という声がありました。離乳して間もない子犬や口の小さな小型犬には細かく砕いたり、お湯でふやかして柔らかくすると食べやすくなります。

便が臭う」という声がありましたが、腸内の微生物がタンパク質を分解する時に発生する物質が臭いの原因となります。タンパク質が豊富に含まれているため、臭いがきつくなるようです。また、いつもと臭いが違うと感じた場合は、消化不良や病気などが考えられます。気になる場合は、獣医師さんに便の様子を診てもらってください。

 

オリジンパピードッグフードの価格を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイト Amazon 楽天市場
6,400円/2kg 5,184円/2kg 5,832円/2kg
購入する 購入する 購入する
2018年10月15日現在の価格

オリジンパピードッグフードは2018年10月現在、公式サイトからの販売はしておらず、Amazonや楽天からの購入になります。

価格は店舗ごとに異なりますが、現在の最安値はAmazonでした。店舗によっては別途送料がかかることもありますので、購入の際はご確認くださいね。

子犬で、好みがわからない場合は、340gの小さなサイズを試し、食い付きや食後の便や体調を見つつ、状態がいいようであれば、常用フードにしていくと良いでしょう。

 

オリジンパピードッグフードのその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧 フードの特徴
パピー・ラージ 大型の子犬向けフード
オリジナル 子犬から老犬まで全ライフステージ対応のフード
シックスフィッシュ 6種類の新鮮な丸ごと魚を使用したフード
レジオナル・レッド アンガスビーフ、イノシシ肉、ボーアヤギ肉、ロムニーラム肉、ヨークシャー豚肉、天然サバを使用したフード
ツンドラ 新鮮ヤギ肉、イノシシ肉、鹿肉、ホッキョクイワナ、鴨肉、マトン肉を使用したフード
フィット&トリム 炭水化物とカロリーが制限された体調管理用フード
シニア 体重を維持しつつカロリーを抑えたシニア犬向けフード

 

総評:子犬の成長と発育に適したドッグフード

詳しく分析した結果、オリジンパピードッグフードは、育ち盛りの子犬のエネルギー源として適したドッグフードだということがわかりました。

バラエティ豊かな新鮮肉が85%も含まれているため、子犬にとって必要なたんぱく質や脂肪を効率的に補給することができます犬本来の食事で、健康に育てていきたいという飼い主さんにおすすめの商品です。

あわせて読みたい

ドッグフード工房の安全性やコスパを徹底考察。原材料、口コミ評判、値段まとめ

2019年3月22日

シュプレモ 成犬用の安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月18日

カナガンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月7日

リズム (Rhythm)ヘルシーウェイトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月11日

最近見たページ

オリジンパピードッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月9日

あなたにおすすめ

オリジン ツンドラの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年10月17日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日