オリジンオリジナルドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

この記事では、オリジンドッグフードの安全性を「原材料の安全性」「栄養バランス」「人工添加物の有無」の3つの観点から徹底分析し、100点満点で評価しています。

口コミや評判の傾向もまとめています。オリジンドッグフードが気になっている方や、購入を考えている方はぜひご一読ください。 

オリジンオリジナルドッグフードの総合評価

総合得点 評価の内訳
100
(★★★★★)
原材料:★★★★★
成分値:★★★★★
無添加:★★★★★

オリジンは犬猫の祖先の食生活に着目し、祖先の主な栄養源であった肉類の比率を多めにしたドッグフードです。

鶏肉、七面鳥肉をメインに、犬の生育に不可欠なタンパク質・脂質を効率的に摂取できるよう調整されています。少量の給餌量でも十分な栄養を補えるので、離乳後や成長期の子犬などにおすすめです。

気になる人工添加物や化学物質由来の酸化防止剤は使用しておらず、無添加や健康に気を使う飼い主さんに合うドッグフードだといえます。

 

オリジンオリジナルドッグフードの基本情報

分類 総合栄養食
メイン食材 鶏肉、七面鳥肉
カロリー 394kcal/100g
グレインフリー
酸化防止剤 ○(ミックストコフェロール)
気になる添加物 ○(無添加)
対応年齢 全年齢
賞味期限 未開封:15ヶ月
粒の大きさ 全長:約10mm
内容量/価格 340g/1,300円
2kg/6,000円~
5.9kg/14,500円
11.3kg/21,000円~
販売元 CHAMPION PETFOODS LP

 

オリジンオリジナルドッグフードの詳しい原材料・成分値

原材料表・添加物一覧

原材料表
新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック,新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤),チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.
酸化防止剤 天然由来(ミックストコフェロール)
保存料 なし
着色料 なし
着香料 なし

気になる原材料は赤字で表示しています。原材料の詳しい説明と評価はこちら

主要成分の分析値

成分名 成分保証値 乾燥重量比
粗タンパク質 38% 43.2%
粗脂質 18% 20.5%
粗繊維 4% 4.5%
水分 12%

乾燥重量比とは、ドッグフード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のことをいいます。

犬の生育に必要な最低限の栄養基準をまとめた「AAFCO栄養基準」は乾燥重量比に基づいているため、本サイトでも主要成分に関しては乾燥重量比による評価をしています。

主要成分の詳しい説明と評価はこちら

 

その他の成分の分析値

成分名 成分保証値
カルシウム 1.2%
リン 0.9%
オメガ6脂肪酸 3.3%
オメガ3脂肪酸 0.8%
DHA 0.2%
EPA 0.2%
グルコサミン 700mg/kg

 

オリジンオリジナルドッグフードの分析結果①:原材料の安全性

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
60点/60点
(★★★★★)
主原材料は肉類か? 20点/20点
気になる原材料が
含まれていないか?
40点/40点

オリジンの原材料は、60点満点中60点。

動物性タンパク質を豊富に含むチキンや七面鳥を中心に構成され、穀物の入っていないドックフードです。

オリジンで使用されているチキンや七面鳥肉は抗生物質やホルモン剤が使用されていないため、添加物が気になる飼い主さんや犬にはぴったりです。

また使用されている鶏肉と七面鳥肉はディハイドレート(新鮮肉を低温で空気乾燥)という手法で作られており、風味などが損なわれないように配慮されています。

主原材料:チキン

原材料のチキンは肉、内臓、軟骨を使用しています。

オリジンに使われている鶏肉は日本では珍しい、放牧形態で飼養されている鶏のものです。

原材料の段階から抗生剤やホルモン剤は使用されていません。原材料の段階から高品質をキープするため、会社のある地元ケンタッキーの農場と取引をしています。

七面鳥

七面鳥はミネラルやビタミンが豊富なうえ比較的アレルギーを起こしにくく、低アレルギー食として用いられることもあります。

オリジンオリジナルはチキンも使用されているため厳密には低アレルギー食とはいえませんが、チキンアレルギーのない犬にとっては栄養補給源として優秀な食材です。

 

オリジンオリジナルドッグフードの分析結果②:成分バランス

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
20点/20点
(★★★★★)
粗タンパク質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点
粗脂質は
AAFCO基準を
満たすか?
10点/10点

参考:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表

オリジンは粗タンパク質、粗脂質はAAFCO栄養基準をクリア。栄養バランスの整ったドッグフードです。

ペットフードが動物にとって必要な栄養素を持っているかはアメリカ飼料検査官協会(AAFCO)によって栄養素基準が作成されています。

成犬に比べ、栄養がたくさん必要な成長期の子犬の方のタンパク質や脂質が基準値が高く設定されています。オリジンはすべての段階の犬に適した栄養バランスといえるでしょう。

 

オリジンオリジナルドッグフードの分析結果③:人工添加物などの有無

分析の結果 評価ポイント 得点/配点
 20点/20点
(★★★★★)
合成酸化防止剤は
使われていないか?
10点/10点
不要な添加物は
使われていないか?
10点/10点

オリジンには合成酸化防止剤や不要な添加物は使われていません

保存料として天然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)が使用されています。ビタミンEは安全性が高い反面、酸化しやすいので、化学保存料が使用されているものより早く使い切る必要があります。

 

オリジンオリジナルドッグフードの口コミや評判まとめ

愛犬も下痢する事無く、腸内環境もよさそうです!

愛犬の涙やけの事で友人に相談したらオリジンをすすめられました。オリジンを食べさせてからウソみたいに涙やけがすっかり良くなりました

臭いもちょっとあり、手もベタベタになるほど油分があります。二頭飼いしてますが、どちらも全く食べないのでガッカリです。

フードを変えたばかりの時はうんちが柔らか過ぎましたが、3か月でちゃんと、良いうんちになりました

口コミを見てみると、「皮膚や毛ヅヤが良くなった」「便の調子が良い」という声が多くみられました。

本来肉食である犬の食事スタイルに合わせて、原材料に新鮮鶏肉や七面鳥肉が豊富に含まれています。動物性タンパク質や脂質を効率よく摂取することで、毛ヅヤや毛並みを美しく維持できていると考えられます。

一方、「臭いが気になる」という声がありましたが、臭いを消すための香料を使用せずに素材を生かして作られているため、人間にとっては臭いがきつく感じることがあります。犬には美味しい匂いと感じ、食いつきの良さに繋がっているようです。

また、フードの切り替えによりお腹の調子が悪くなることがあります。しばらく様子をみて、改善しないようであれば、別のフードに切り替えることをおすすめします。原材料にアレルギーを起こしている可能性があるため、気になる時は獣医師へ相談してください。

オリジンオリジナルドッグフードの価格を比較【公式・Amazon・楽天市場】

公式サイト Amazon 楽天市場
1,404円/340g 1,122円/340g 1,264円/340g
購入する 購入する 購入する

オリジンオリジナルは現状では公式サイトから購入することはできず、Amazon、楽天市場、その他通販サイトからのみ購入可能です。

最安値はAmazonでした。

 

オリジンオリジナルドッグフードのその他ラインナップ一覧

ラインナップ一覧 フードの特徴
オリジンパピー 放し飼いチキンを使用し高タンパクの子犬用フード
パピーラージ 脂質を抑えつつも高タンパク比率にすることで筋肉量の多い大型犬種の子犬向けフード
シックスフィッシュ 大西洋の海で漁獲されたサバなど6種類の魚を使用
リージョナルレッド アンガスビーフやイノシシ肉など様々な肉が使用されたフード
ツンドラ ヤギ肉やイノシシ肉、鹿肉、イワナなどが使用されたフード
フィット&トリム 脂質と炭水化物を制限し、繊維質が多く配合されたダイエット向けフード
シニア 筋肉を維持するためのタンパク質が豊富で体重が増えすぎないようにカロリー制限されたシニア向けフード

 

総評:添加物が気になる自然派におすすめ!

オリジンの添加物は天然由来の酸化防止剤を使用しており不要な人工添加物などは使われていません。無添加や安全性を求める飼い主さんや犬に適しています

被毛や皮膚の健康維持をサポートするオメガ3脂肪酸などが入っているのも嬉しいところですね。

他の一般的なフードよりもタンパク質と脂質の比率が高めに設定されています。少量でも多くの栄養を補給することができるため、特に成長期の愛犬に向いています。

ただ腎臓や肝臓の病気がある子には少し負担のかかる配合なので、愛犬の体調に変化がみられたら獣医師と相談してその時の体に適したフードに変更していってあげるとよいかもしれませんね。

あわせて読みたい

リズム (Rhythm)ヘルシーウェイトの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月22日

UMAKAドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月16日

アーテミス アガリクスの安全性やコスパを徹底考察。原材料、口コミ評判、値段まとめ

2018年8月17日

アカナアダルトラージブリードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年2月14日

オリジンパピードッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月9日

最近見たページ

オリジンオリジナルドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年3月10日

あなたにおすすめ

オリジン ツンドラの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年10月17日

Dr.ケアワンドッグフードの安全性や口コミ評判を徹底分析

2019年4月1日

国産ドッグフードのおすすめ3選!選ぶポイントと安全性を見抜くコツ

2019年3月26日

このこのごはんの安全性や口コミ評価を徹底分析

2019年3月26日